プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Review No.5:メタルギアソリッド:ポータブルオプス

ついにPSP待望のソフトが出た、といっても過言ではない(むしろ足りないくらい)、PSP最高傑作となるゲームでしょう。

GAME NAME(ゲーム名):メタルギアソリッド:ポータブルオプス
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル
GENRE(ゲームジャンル):タクティカル・エスピオナージ・アクション
DEVELOPER(開発元):小島プロダクション
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):コナミ

GOOD!

1.仲間集めの要素。

メタルギアと言えば単独潜入が普通でしたが、今回は敵兵を気絶させてトラックまで運んでくることで仲間にすることが出来ます。
仲間にはスキルやキャリア(兵士になる前に経験した仕事)などの概念があります。
そしてその仲間を実際に潜入するチーム、各ステージの情報を集める諜報チーム、医療チームなどに配属していき、自分なりの部隊を結成していくのが非常に奥深く面白い要素になっています。
条件を満たせば、新キャラクター、MGS3のキャラクターも仲間にすることが出来ます。

2.ストーリー。

いきなり絶海の孤島に放り込まれた所から始まって、エンディングまでかなり面白かったです。敵の人間性も上手く表現されていますし、どんでん返しもなかなかのものです。

3.知的且つ優秀なA.I。

MGSシリーズは初めてでしたが、A.Iが優秀なことに今更驚かされてしまいました(汗)異変に気づいたときのゆっくりと近づいてきてプレーヤーの緊張感を煽ったり、戦闘時は複雑な動きで惑わせたり、ホールドアップ時の反応などもしっかりしています。
警戒を解くタイミングも「フェイズ」によって上手く出来ていますし、
更に難易度に合わせて、A.Iの視界調整も成されていて、素晴らしいです。

4.様々なサブミッション。

今回はメインミッションのほかに諜報ユニットの報告による「サブミッション」があります。武器奪取や捕虜救出など様々なものがあり、すぐにクリアできるものが多いので、ちょっとした合間に出来るのも良いです。


5.非常に面白いマルチプレー。
自分の編成した部隊で友人やネット上の人と対戦することが出来ます。
デスマッチやおなじみのケロタンを奪い合うキャプチャーミッションなどがあります。
自分の部隊が無くても、フリー対戦MGS:POを持っていない人ともゲームシェアリングでフリー対戦が出来たりと非常に柔軟なつくりになっています。
更に自分の部隊をネット上に送り出し、戦わせる「サイバーバル」などのシステムもあり、PSPをネットゲーム機に変身させる、力の入ったものになっています。

Here is PROBLEM.

1.部隊の最大人数が100人まで。

ちょっとこれには困ってしまいました。(UMDの容量上仕方ないとしても)個人的には150人くらいがよかったです・・・・
たとえば、ある場所に出撃したとします。このときの部隊の人間の数が99人として、出撃場所で2人捕まえたとします。
ミッションから帰ってくると部隊の人間の数が101人になってしまうので捕まえた2人のうち、どちらかを除隊させなくてはならなくなるので、どちらとも除隊させたくないとすると非常に困ってしまいます。

確かに部隊運営と言う点からでは、100人と言う制限は仲間全員に目が行き届くので良いことですが、いざ100人をこえたときにやはり能力の足らない兵士を除隊させてしまうと言うことが多くなるのでちょっと嫌な気分になってしまうこともあります。

2.アイテム・武器の持てる数。

今回はもてるアイテム・武器類が合わせて4つしかありません。
自分の持っているアイテムをトラックに送れる「配達員」のキャリアを持った兵士などは都合に合わせてトラックにアイテムを送って何とかできるのですが、それ以外の兵士は大変です。
それの対応のために4人1チームで潜入チームを編成して、操作キャラを変更できるようになっているのですが、仲間兵士が落としたアイテム類はかなり速く消えてしまうのでそれが間に合わないこともしばしばあります。

3.無線LAN環境が整っていないマルチプレーの面白さが半減。

PSPの「インフラストラクチャー」モードを使っての対戦も今回は出来るのですが、どうしても無線LANのアクセスポイントなどが自宅にないと面白さが半減してしまいます。
もちろん、親しい友人同士での対戦も非常に楽しいのですし、
無線LANのアクセスポイントは安く買えますが、設定が初心者の方には面倒なのと、やはりネット対戦が出来るゲームは「顔も知らない人と対戦できる楽しみ」があるので・・・・・

総評:ほとんどMGSシリーズには触れなかった私ですが、非常に楽しめました。シングルプレーも充実していますし、対戦もインフラストラクチャーではちょっと問題があるものの、親しい友人同士で遊んでも非常に面白いです。
これがPSPで初めて出したMGSとは思えない完成度の高さ、さすがに小島監督。恐れ入ります。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。