プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Review No.4:グリップシフト


メーカーがメジャー(洋ゲー界では)なのにマイナータイトルで終わってしまった悲しきレースゲーム・・・・・グリップシフトに光あれ(ぇ

GAME NAME(ゲーム名):グリップシフト(GripShift)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル
GENRE(ゲームジャンル):曲芸レースアクション
DEVELOPER(開発元):SidheInteractive(シドヒー・インタラクティブ)
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):ユービーアイ・ソフト


GOOD!

1.独創的なコースの数々。

ほかのレースゲームではおおよそ考えられないようなコースが続々と出てきます。
たとえば、点々と浮く浮島をジャンプやブースターを駆使してゴールを目指すコース、ジャンプパッドとワープゾーンを駆使しゴールを探し出すパズル的コースなどが出てきます。
アイテムを駆使して、少ない制限時間を延ばしながらゴールを目指すなどのレースゲームならではのコースもあります。
更に道端に象がいるびっくり要素や、
浮島に雪だるまやら恐竜やらいたりと、人が見ないようなところまで作りこんであります。

2.微妙な操作技術を育てる楽しさ。

このゲームで最初に驚いたことが「どのコースにもガードレールがない」と言うことです。普通なら考えられないことですが、これの要素があるおかげで微妙な操作技術を自然と身についていくので、
最初は上手くいかないコースもやるほどうまくなっていけるので、見た目の独創さだけでなくレースゲームとしても面白さを付け加えています。

3.面白いボーナスゲーム。

このゲームではコースなどをクリアすると「クレジット」と言うものが手に入り、一定以上たまると自動的に様々な要素が出てきます。(新しいキャラクターや車)ボーナスゲームもそうして遊べるようになりますが、良く出来ています。たとえば、ピンに見立てたペンギンに向かって車で突撃する「ペンギンボーリング」。奥が深く操作技術だけでなくどのあたりに突撃するかなどの戦略性もあります。そのほかのゲームもおまけとは思えないくらいの出来で遊んでいて飽きません。

4.コースを自分で作ることが出来る。

このゲームでは「コースエディター」と言うものが付いていて、自分で新しいコースを作ったり、それをグリップシフトを持っている友人に譲ったり交換することも出来ます。
海外のPCゲームではこういったエディターが付いているのは普通なのですが、そういったものは扱いが難しいことが多いです。
しかし、このエディターは扱いも簡単で直感的にコースを作ることが出来ます。
こういったエディターをゲーム内に搭載して、クリアしても自分でコースを作って遊べる、と言うのは家庭用ゲームではなかったので素晴らしい試みと言えます。

5.美しいグラフィック。

浮島にあるオブジェクトや障害物も結構細かく出来ていて綺麗ですし、
急に曲がったときのタイヤ跡も残ったり、車の光の処理も良く出来ており、レンズフレア(太陽の光)効果もあり、携帯機でここまで出来るようになったんだと改めて思えるグラフィックです。

Here is PROBLEM.

1.制限時間の問題。

各コースには制限時間が設定されていて、時間が切れる前にゴールしなくてはいけないのですが、その制限時間が問題になることがあります。
慎重に進むことが要求されるコースほど制限時間が足りなかったり、長いコースでアイテムを使って制限時間を延ばしながらゴールを目指すコースもありますが、そのアイテムを取るのが難しく制限時間が足りなくなることも多いです。

2.邪魔なオブジェクトの問題。

コースには様々なオブジェクトがありますが、それがゴールまで邪魔していたり、変なところにワープポイントがあって避け切れなくて変なところに飛ばされたり、車を潰すクラッシャーなどがあったりして、コースによってはクリアするまでに非常にいらつく場合もあります。

3.あまり面白くない「普通のレース」。

一台でゴールを目指すコースがほとんどですが、たまにプレーヤーも含めた4台の普通のレースもあります。
そのコースが特にひねりも無くアイテムで邪魔しあうだけのレースでほかのコースに比べると面白さが半減してしまっています。
どうせなら徹底的にひねりを加えたほうが良かったように思います。

4.優秀な成績を出すのが難しい。

これは全体的な問題なのですが、ゴール時に手に入るメダルで「金メダル」を取るのが難しくなっています。当たり前と言えばそれまでですが、(コースよりも)無茶苦茶なショートカットを使わないと金メダルを取れないタイム設定のコースが多いです。



総評:レースゲームとしてはかなり異端なものですがレースゲーム初心者の私でも結構楽しめました。
「トム・クランシーシリーズ」で硬派なゲームが多かったユービーアイソフトがこうしたゲームを出したのには驚きましたが、それでもここまで楽しませてくれたので、凄いと思います。
「変わったゲームがやってみたい」、「普通のレースゲームに飽きた」というなら、このゲームを探してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

<< Game Review No.5:メタルギアソリッド:ポータブルオプス | ホーム | PC Game Review No.3 Soldier Of Fortune II(ソルジャー・オブ・フォーチュン2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


レンズフレアとは??

レンズフレアレンズフレア (Lens flare) は、カメラによって写真・映像を撮影する際に、極めて明るい光源がレンズに向けて当てられている時に生じる、光の像である。ハレーション(Halation)とも呼ぶ。実写の映像で起きる現象をハレーションと呼び、合成によって作られる効果


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。