プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCGameReview No.7:Ground Control(グラウンド・コントロール)

勢いに乗ってきた、私J.C.Dが次にお送りするのはリアル・タイム・ストラテジー、Ground Control!(文章内ではGCと略)


GAME NAME(ゲーム名):Ground Control(グラウンド・コントロール)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC
GENRE(ゲームジャンル):リアル・タイム・ストラテジー(RTS)
DEVELOPER(開発元):マッシヴ・エンターテイメント
SALES AGENCY(発売元):シエラ・エンターテイメント

Note:現在は開発元から無料公開が行われていますが、非常にダウンロードが面倒です。

GOOD!

1.わかりやすく、奥の深い操作系統。

RTSだけでなくシミュレーションと言うのは少々複雑な操作が多いです。しかし、GCでは移動・攻撃・拠点防御などの基本操作がマウスだけで出来てしまいます。この直感的な操作性は評価に値します。
それでいて、プレーヤーの綿密な戦略も成し遂げるだけの高度な操作も出来るため、懐の深い操作システムになっています。

2.RTS特有の複雑な「下準備」がない点。

多くのRTSでは資源を集めて、自分の駒に当たる「ユニット」を生産する必要があり、少々面倒な部分でもあります。これに対しGCではあらかじめプレーヤーにユニットを与えて、すぐにゲームが出来るようにしています。このようにRTS特有の「下準備」が必要ないため、RTS初心者の方でもすぐにゲームの世界に入っていくことが出来ます。
それでいてゲーム自体の面白さは一切そがれていません。

3.ストーリー。

2つの組織の対立を軸に、舞台となる惑星の謎、ひそかに進む陰謀などなかなか面白いです。更にストーリーモードも、両方の組織の一兵士の戦いを描いており、お互いが自分に戦いの意味を問いながら戦っていくと言う描写も良く出来ています。

4.それぞれのユニットの特性とステージの地形を利用した戦略。

ユニットには多様な特徴があり、更にステージの地形も複雑なため、それらを利用した戦略を立てる面白さがありますね。
たとえば、山のように隔てられた地形では遠距離攻撃が出来る自走砲ユニットを一方に待機させ、もう一方に歩兵ユニットを向かわせ、敵を発見したら、自走砲ユニットに攻撃命令を出して敵を吹き飛ばす、なんて戦略も可能です。

5.無料でありながら、全く内容が削がれていない点。

無料で公開されたGCですが、全く制限なく、フルに遊ぶことが出来ます。そのため数百MBと言う巨大なサイズでダウンロードに時間が掛かりますが、全てのゲーム内容を遊べるようにした開発者の方々の心意気に感謝の意を込めて、評価点としました。

6.「戦場」を演出するグラフィック。

2000年のグラフィックのため、凄い綺麗とは言えませんがレンズフレア(太陽の光効果)が美しく、ユニットの描き込みも細かいです。
戦車のキャタピラの跡が地面に残ったり、戦車は戦った後良く見ると銃痕が付いていたり、戦闘時は爆発や銃弾の飛び交う様を上手く表現していたりと、「戦場」を高いレベルで演出していると言えるでしょう。


Here is PROBLEM.

1.英語の問題。

GCは英語版だけしかなく、しかも、ユニットの特徴・ストーリー・ミッション内容などの重要な部分の理解には英語力が結構必要です。
その中では特に「ユニットの特徴」に関してはしっかり理解しないと重要な局面でパニックに陥ってしまうこともあります。

2.ユニットの状況の確認時の問題。

GCでは画面上に各ユニットの簡単な状況を表したチップのようなものが表示されます。チップをクリックしたり、特定のキーを押すことでそのユニットにカメラが移動するのですが、その際にクリックは2回、キーは2回押さないとカメラが移動しないのです。
後半は敵の攻撃が激化するため、確認しようと思ったらユニットが破壊されてしまったと言うことが多くなってしまいます。

3.後半の難易度。

前半はごり押しでも何とかなるのですが、後半は手持ちユニットの特徴を完全に理解した上で、かなり綿密な戦略を立てないとあっという間に5,6個のユニットが全滅してしまうほどの難易度になっています。

4.ダウンロードまでの非常に面倒な手順。

無料になったのは良いのですが、ダウンロード出来るサイトが1つだけ、英語のみ、ダウンロードするには個人情報の登録・専用ソフトが必要とかなりダウンロードするまでのハードルが高いです。法律などの問題があるのかも知れませんが、せっかく無料になったのだから、もっとオープン且つ簡単にダウンロードできるサイトを増やすべきだと思います。

総評:RTSもといシミュレーションは苦手なほうなのですが、このゲームはとても気に入りました。直感的な操作が可能、戦略性も高い、ストーリーも面白いと、良いところ尽くめです。
ダウンロードがもっとオープンに行ってもらえれば良いとは思うのですが、もう3年もダウンロードサイトが増えないことを考えるとおそらく法律上の問題からオープンに出来ないのかもしれません。
とりあえず、私のサイトにてダウンロード~インストールを紹介しているので、参考にしていただければ幸いです。

http://www.geocities.jp/shinichiro1219/gmr/gcdl.html

正直何が起こるかわからないので、自己責任で出来る方のみお願いいたします。
スポンサーサイト

<< 変更と本館・別館情報 | ホーム | PCGameReviewNo.6:Gorky Zero(ゴーキーゼロ) >>


コメント

AV女優のエッチ画像

セックス、スタイル抜群な人気AV女優からエロエロ人妻熟女までエッチなアダルト画像をピックアップしてご紹介!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。