プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Review No.7:BLACK(ブラック)

三ヶ月ぶりのレビューはPS2のFPS!


GAME NAME(ゲーム名):BLACK
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション2(PS2)
GENRE(ゲームジャンル):FPS(First Person Shooting)
DEVELOPER/SALES AGENCY(開発・販売元):クライテイオンゲームズ/エレクトロニックアーツ

Info:

PS2にて発売されたFPS。主人公、ジャック・ケラー軍曹の過去を辿る形式で全8ミッションをクリアしていく。
俗に言う「リアル系」寄りなFPSなのだが、発売元のエレクトロニックアーツは何を勘違いしたか、非常にアクション性の高いFPSのような宣伝をして、それを信じて購入したゲーマーから反感を買うことになった。

しかしながら、コンシューマ機(家庭用ゲーム機のこと)としてはかなり美麗なグラフィック、
良く練られたステージデザイン、リアル系寄りながらも大量の敵を倒す快感も味わえると言うプレーの幅の広さが支持され、「PS2最高峰のFPS」と呼ばれている(らしい)。


NOTE:
海外ではXBOX版も発売。ただし日本ではPS2版のみが発売。
現在はベスト版(PS2)も発売されている。



COOL!(良い点)


1.グラフィック。

PS2の中でもトップクラスといえるのではないでしょうか。武器のテカリ、背景やモノのモデリングのレベルの高さ、エフェクト、どれを取っても非常に綺麗です。更に処理落ちも無いと言う部分も加味すると技術力の高さを感じさせてくれます。

2.リアル系FPSよりながらも、「戦って勝つ」と言うカタルシスも持ち合わせる戦闘。

被弾したときの敵のモーションやマズルフラッシュ、武器サウンド、爆発のエフェクトの出来が良く、「戦っている」と言うFPSに重要な部分が良く出来ています。
戦闘自体も橋の上で戦ったり、ロケット兵に囲まれながら爆風を切り抜けて戦ったりとロケーションも豊富です。
敵は現実ではありえないほど耐久力がありますが、それも倒したときの達成感を感じさせてくれるので良い面だと思います。

3.難易度

難易度は高いものの、慣れてしまうと隠れながら攻撃するだけでなく、重火器を持って突撃する、周囲の爆発物を使って多くの敵を一網打尽にするなど、プレーの幅が広いです。

4.優秀な味方・そこそこ頭の良い敵。

中盤から仲間の援護が付きますが、彼らは無敵+そこそこの命中精度でプレーヤーを適度にアシストしてくれます。
これにより、自分で敵を倒す楽しさを引き出しつつ、仲間に頼ると言うバランスが良く出来ています。
敵は"狙ったように"立ったままだったり、都合よく爆発物の後ろに居たりとプレーヤーに「ヒーローとして活躍している」と言う感覚を味わってもらうような配置になっていたり、それなりにサイドステップで攻撃をかわしたりとプレーヤーを楽しませるために頑張っている(?)気がしますよ。いや、本当に。

5.優秀なステージデザイン。

最近のFPSに多い「パズル要素」を排除し、単純に進んで、敵と戦うことでミッションを攻略することが出来ると言うデザインは好印象です。
それでいて、爆発物や敵の配置は良く練られています。更に横道などに武器やアイテムを置いておくと言う小さいシークレット要素のようなものが埋め込んであるのも、古きよきFPSへのリスペクトを感じさせ、非常に好感をもてます。



It's SO bad!(悪い点)


1.ストーリー。

主人公はアメリカ非公式の特殊部隊「ブラックオプス」でのミッションの内容を回想しながらストーリーは進んでいくのですが、
裏工作、暗殺、不正規戦といった言葉が分からない方を置いてきぼりにしてしまうようなストーリーです。
コンシューマ機でここまで難しいテーマを扱おうとする気負いは尊敬しますが、普通にゲームを楽しみたい方を置いてきぼりにするストーリーは首を傾げてしまいます。

2.目的が不明確になりやすいステージデザイン。

パズル要素を排除して、戦闘に集中できるようにデザインされているのは良いのですが、敵を全滅させてしまうと「次に何をするのか」と言うのを理解するのに時間が掛かってしまうデザインは残念でした。今達成すべき目標はポーズメニューから参照出来るのですが、これはセレクトボタンで簡単に表示できるようにすべきです。


3.エレクトロニックアーツの宣伝。

一FPSプレーヤーとしては良く練られた難易度だと思います。しかし、FPSの経験がそれほどない方には非常に難しいと感じる感じです。
ですが、これは宣伝を間違えたエレクトロニックアーツ(以下EA)に問題があるとも言えます。
正直、ゲームへの理解がほとんど無いとも取れるパッケージの宣伝の数々。
ただ発売するだけでなくゲームへの理解もするのが、発売元の”最低限の礼儀”だと私は強く思います。

以下は個人的な推測ですので余りお気になさらず。

EA日本支社としてはアメリカEA本社の言うままに宣伝を書かなければならなかったのかもしれません。
もしそうならば、一番の非はアメリカのEA本社にあるでしょう。
スポンサーサイト

Game Review No.6:Syphon Filter:Dark Mirror(サイフォンフィルター:ダークミラー)

久々のPSPゲームレビューは、海外タイトル!


GAME NAME(ゲーム名):Syphon Filter:Dark Mirror(サイフォンフィルター:ダークミラー)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル(PSP)
GENRE(ゲームジャンル):アクション
DEVELOPER/SALES AGENCY(開発・販売元):ソニー・コンピュータ・エンターテイメント・アメリカ(SCEA)

NOTE:海外のゲームタイトルと言うことで一部のネットショップでのみの購入が可能です。

サイフォンフィルター:史上最悪のウィルス兵器、「サイフォンフィルター」を悪用しようとせんテロリストに、「天使の名を持つ悪魔の兵士」、ガブリエル・ローガンが挑むアクションゲーム。
海外ではメタルギア、スプリンターセルに並ぶ人気を誇っている。

GOOD!

1.激しい戦闘。

PSPのアクションゲームの中では1,2を争うほどの戦闘の激しさがありますね。
常に2,3人との銃撃戦が合間合間に挟まれていて、物陰に隠れたり、突撃しながら戦ったり、時には相棒をサポートしながら敵を倒したりなんて、こともあるので、非常に戦闘が面白いです。

2.ストーリー。

プレイヤーはテロリスト集団、レッド・セクションが企てる「プロジェクト・ダークミラー」を追って、世界中を巡りますが、ローガンの過去、レッドセクションの思惑が交差し、エンディングへ向かう流れは非常に面白く、良く出来ています。

3.グラフィック。

海外のPSPゲームの中ではトップクラスを誇ります。元の綺麗さも去ることながら、銃の発砲光(マズルフラッシュ)、特殊ゴーグルのエフェクトも綺麗です。
(海外のPSPゲームはグラフィックが酷いものが多い中、抜きん出て綺麗です)

4.敵A.I。

チームワークを駆使する、物陰に隠れて攻撃する、リロードは隠れるか、後ずさりしながら行うと言った戦術を使いこなすと言うところをきっちり行うことが出来ます。

5.豊富な武器。

ステージに合わせて、様々な武器が出てきます。武器ごとの特徴もしっかり出来ていますし、弾も大量に手に入るので撃ちまくりを楽しむことも出来ます。


6.操作性。

ボタンだけで特殊ゴーグルのオン・オフの切り替え、武器のモードの切り替えが出来たり、アナログスティックを壁に向かって倒すだけで、壁に張り付くことが出来たり、大半のアクションが1ボタンで出来たりとかなり練りこまれた操作性だと感じます。

7.豊富なステージ。

ストーリー上世界中を巡るので、ステージも豊富です。
真冬の精油所、紛争地帯、カジノなど、最後まで飽きさせません。

8.豊富な特典要素。

ステージでの行動によってもらえる称号、ボーナス武器・ステージなどがあり、一回クリアした後も楽しめますし、やりこみ度も高いです。


HERE IS PROBLEM.

1.かなり低めの戦闘難易度。

被弾ダメージは大きめですが、敵の攻撃の命中率はかなり低く、かなりの数の敵がいても自動ロック機能でしっかり狙って倒していけば、簡単に攻略が出来てしまいます。
更に、アーマーはゲージが残っていればダメージを全て吸収しますし、ライフ回復アイテムも1個しかもてない代わりに全回復が出来たりと、戦闘に関する難易度はかなり低めです。


2.英語であること。

ストーリーが重要な分、英語への理解が必要ですが、難しい言い回しが多いです。しかも、大半の情報が言葉で伝えられるので、場合によっては進むのも一苦労だったりします。

3.アクションの難易度の高さ。

戦闘に関しては簡単な部分が多いですが、アクションの難易度は高く、ほんの少しの失敗で落下して即死なんて部分がかなり多く、チェックポイント制のゲームなので、もう少し考慮が必要だったように思えます。


まとめ:
初めて購入した海外ゲームですが、非常に面白いものでした。
本当、日本語化されないのが不思議なくらいです。(新型はわかりませんが)
PSPは海外のゲームも普通に遊ぶことが出来るので、初めての海外ゲームとして、お勧めしたい一品です。

変更と本館・別館情報

随分久々ですね^^;ちゃんとした文章をここに書くのは。

とりあえず見た目を変えました。前のも気に入っていたのですが、上の説明が長くて、最後は背景に溶け込んでいたので、言いたいことが言えていないな・・・と思って今の形にしています。

後これは、私のホームページ以外からここにご訪問してくださったための情報です。

かなり下にあるリンクの「Game Splinters」が私のHPです。
ここ同様PCゲーム「Deus Ex」の紹介がメインで、更に「Game Splinters別館」でもPCゲームの紹介をしています。

気晴らし・暇つぶし程度に見ていただければ幸いですm(_ _)m

PCGameReview No.7:Ground Control(グラウンド・コントロール)

勢いに乗ってきた、私J.C.Dが次にお送りするのはリアル・タイム・ストラテジー、Ground Control!(文章内ではGCと略)


GAME NAME(ゲーム名):Ground Control(グラウンド・コントロール)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC
GENRE(ゲームジャンル):リアル・タイム・ストラテジー(RTS)
DEVELOPER(開発元):マッシヴ・エンターテイメント
SALES AGENCY(発売元):シエラ・エンターテイメント

Note:現在は開発元から無料公開が行われていますが、非常にダウンロードが面倒です。

GOOD!

1.わかりやすく、奥の深い操作系統。

RTSだけでなくシミュレーションと言うのは少々複雑な操作が多いです。しかし、GCでは移動・攻撃・拠点防御などの基本操作がマウスだけで出来てしまいます。この直感的な操作性は評価に値します。
それでいて、プレーヤーの綿密な戦略も成し遂げるだけの高度な操作も出来るため、懐の深い操作システムになっています。

2.RTS特有の複雑な「下準備」がない点。

多くのRTSでは資源を集めて、自分の駒に当たる「ユニット」を生産する必要があり、少々面倒な部分でもあります。これに対しGCではあらかじめプレーヤーにユニットを与えて、すぐにゲームが出来るようにしています。このようにRTS特有の「下準備」が必要ないため、RTS初心者の方でもすぐにゲームの世界に入っていくことが出来ます。
それでいてゲーム自体の面白さは一切そがれていません。

3.ストーリー。

2つの組織の対立を軸に、舞台となる惑星の謎、ひそかに進む陰謀などなかなか面白いです。更にストーリーモードも、両方の組織の一兵士の戦いを描いており、お互いが自分に戦いの意味を問いながら戦っていくと言う描写も良く出来ています。

4.それぞれのユニットの特性とステージの地形を利用した戦略。

ユニットには多様な特徴があり、更にステージの地形も複雑なため、それらを利用した戦略を立てる面白さがありますね。
たとえば、山のように隔てられた地形では遠距離攻撃が出来る自走砲ユニットを一方に待機させ、もう一方に歩兵ユニットを向かわせ、敵を発見したら、自走砲ユニットに攻撃命令を出して敵を吹き飛ばす、なんて戦略も可能です。

5.無料でありながら、全く内容が削がれていない点。

無料で公開されたGCですが、全く制限なく、フルに遊ぶことが出来ます。そのため数百MBと言う巨大なサイズでダウンロードに時間が掛かりますが、全てのゲーム内容を遊べるようにした開発者の方々の心意気に感謝の意を込めて、評価点としました。

6.「戦場」を演出するグラフィック。

2000年のグラフィックのため、凄い綺麗とは言えませんがレンズフレア(太陽の光効果)が美しく、ユニットの描き込みも細かいです。
戦車のキャタピラの跡が地面に残ったり、戦車は戦った後良く見ると銃痕が付いていたり、戦闘時は爆発や銃弾の飛び交う様を上手く表現していたりと、「戦場」を高いレベルで演出していると言えるでしょう。


Here is PROBLEM.

1.英語の問題。

GCは英語版だけしかなく、しかも、ユニットの特徴・ストーリー・ミッション内容などの重要な部分の理解には英語力が結構必要です。
その中では特に「ユニットの特徴」に関してはしっかり理解しないと重要な局面でパニックに陥ってしまうこともあります。

2.ユニットの状況の確認時の問題。

GCでは画面上に各ユニットの簡単な状況を表したチップのようなものが表示されます。チップをクリックしたり、特定のキーを押すことでそのユニットにカメラが移動するのですが、その際にクリックは2回、キーは2回押さないとカメラが移動しないのです。
後半は敵の攻撃が激化するため、確認しようと思ったらユニットが破壊されてしまったと言うことが多くなってしまいます。

3.後半の難易度。

前半はごり押しでも何とかなるのですが、後半は手持ちユニットの特徴を完全に理解した上で、かなり綿密な戦略を立てないとあっという間に5,6個のユニットが全滅してしまうほどの難易度になっています。

4.ダウンロードまでの非常に面倒な手順。

無料になったのは良いのですが、ダウンロード出来るサイトが1つだけ、英語のみ、ダウンロードするには個人情報の登録・専用ソフトが必要とかなりダウンロードするまでのハードルが高いです。法律などの問題があるのかも知れませんが、せっかく無料になったのだから、もっとオープン且つ簡単にダウンロードできるサイトを増やすべきだと思います。

総評:RTSもといシミュレーションは苦手なほうなのですが、このゲームはとても気に入りました。直感的な操作が可能、戦略性も高い、ストーリーも面白いと、良いところ尽くめです。
ダウンロードがもっとオープンに行ってもらえれば良いとは思うのですが、もう3年もダウンロードサイトが増えないことを考えるとおそらく法律上の問題からオープンに出来ないのかもしれません。
とりあえず、私のサイトにてダウンロード~インストールを紹介しているので、参考にしていただければ幸いです。

http://www.geocities.jp/shinichiro1219/gmr/gcdl.html

正直何が起こるかわからないので、自己責任で出来る方のみお願いいたします。

PCGameReviewNo.6:Gorky Zero(ゴーキーゼロ)

立て続け、ゲームレビューはポーランドからやってきた、「ステルス?」アクション、ゴーキーゼロ!

GAME NAME(ゲーム名):Gorky Zero:Beyond Honor(ゴーキーゼロ:ビヨンド・オナー)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC
GENRE(ゲームジャンル):サード・パーソン・ステルス・シューター
DEVELOPER(開発元):メトロポリス・ソフトウェア
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):メディアクエスト


Note:

1.メディアクエストからは「ゴーキーゼロ日本語版」と言う名称で販売。現在は中古でのみ入手が可能と思われます。

2.ネット経由での対戦モード(マルチプレー)はありません。



GOOD!

1.ユーザーフレンドリーなシステム。

代表例はレーダー。「敵の状態・自分の出している音が聞こえる範囲」などを教えてくれるため、攻撃前に作戦を練ることが出来たり、見つかったときに敵がどこにいるかが一目でわかります。
難易度も一番低い「初級」にすれば、かなり回復アイテムが手に入ります。そのため難しく慣れるのに一苦労な、ステルス系ゲームをプレーしやすくなっています。

2.2つの視点を使って攻略する、と言うアイデア。

このゲームでは「見下ろし視点」と「三人称視点」と言う二つの視点があります。ゲーム中はこれを上手い具合に使っていて、「見下ろし視点」で敵の数などをアバウトに計算したり、あるいは対応できる数なら突撃して倒してしまう、「三人称視点」で排除しておきたい敵に正確に狙いを定めて、倒すと言う風に使うことが出来ます。

3.武器が少ないことによる利点。

このゲームでは武器は6つしか出てきません。しかし、1~6の数字キーにショートカットが割り振られており、状況にあわせた武器選択が、非常に楽です。しかも、弾薬のチェンジも対応した数字キーで行えるため、ステルス行動もしやすくなっています。

4.ミッションクリア後の評価。

見つけたシークレット数、ヘッドショット(頭部への攻撃)の数、回復アイテムをどれだけ使ったなどの詳細なデータを元に評価を出すため、評価に納得がいくようになっています。そのため「今回は回復アイテムの使いすぎで評価が落ちたか・・・」や「もう少しヘッドショットの数を増やせば評価が上がるかな?」といった感じに具体的にどうすれば高評価になるか、がとてもわかりやすくなっています。

5.ハードディスクへの要求容量が少ない。

8ミッションで相当広いステージばかりですが、必要なハードディスクの残り容量はたったの420MBほど。最近は要求するハードディスクの容量も非常に大きくなる中、あれだけのミッションをわずか420MBと言うサイズに込めたことは、技術力の高さをうかがい知ることが出来るように思えます。


Here is PROBLEM.


1.A.Iの出来が悪い。

第一に「プレーヤーを見つけるまでの段階」に問題があります。普通のステルスゲームの敵なら、「怪しい者がいる→近づく→ある距離までくるとプレーヤー発見」となるはずなのですが、このゲームの敵A.Iでは「ある距離までくるといきなりプレーヤー発見→攻撃開始」という風になってしまっているのです。
そのため、ステルスが序盤でもかなり難しくなっています。
それでいて、追いかけてこれない場所(ダクトなど)に逃げるとすぐに諦めて、何事もなかったように振舞ったりと、かなりA.I部分は問題を抱えています。

2.ステージの単調さ。

本当にずっと謎の施設内をうろうろすることになります。あまりにも工夫やイベントがないため、中盤ごろから飽きてしまう可能性大です。

3.中盤でネタばれ的発言をするキャラの存在。

もうこれは頭を抱えてしまいます。いきなり中盤で「もうこいつが元凶なんじゃない・・・」と思うような、ネタばれ的発言をするキャラがいます。しかも、そのとおり元凶だったりするので面白みも何もあったもんじゃありません。ポーランドでは有名なSF作家さんに頼んで書き下ろしてもらったストーリーだそうですが・・・・・


4.アイテムが多すぎることによる問題。

武器系統はすっきりしているのに、アイテムが多すぎます。役に立たないアイテムはないのですが、ショートカットキーを使って一回で取り出せない、一つ一つのアイテムの数が少なく、使いどころに悩むなど、かなり問題を抱えています。



総評:少しなじみにくいステルスゲームを遊びやすくしたと言う点では非常に評価できるのですが、ゲーム部分に関しては未熟な部分が多く残っています。
最後まで遊びきる強い精神力をプレーヤーに要求すると言うゲームなので、多くの方は「地雷・クソゲー」と思ってしまうかもしれません。
ですが、個人的にスプリンターセルをプレーする前で、メタルギアもプレーしていなかったため、素直にその遊びやすさは喜べました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。