プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCGameReview No.5:XIII(サーティーン)

久々の更新は、「見た目でだまされる確率90%」のFPS、
サーティーンをご紹介させていただきます。

GAME NAME(ゲーム名):XIII(サーティーン)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC
GENRE(ゲームジャンル):FPS(ファースト・パーソン・シューティング)
DEVELOPER(開発元):ユービーアイソフト
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):ユービーアイソフトジャパン

Note: PS2,Xboxにて「サーティーン~大統領を殺した男~」のタイトルで発売中。


GOOD!

1.「マンガ的」ではなく「まさにマンガ」と呼べる効果的なグラフィック。

話題(?)の「セル・シェーディング」という技術で描かれていますが、敵を倒すと「ARRR」、爆風などは「BLAM」などの擬音はもちろん、敵を倒すとポップアップ画面が「ドン!ドン!ドン!」という音と共に出てきたり、と「マンガ的」というより「マンガ」と言えるグラフィックに仕上がっています。もちろんゲーム部分も手抜きなし。

2.王道だが、面白いストーリー。

記憶喪失の主人公を軸にアメリカの裏で蠢く陰謀を止めるために戦うという王道的なストーリーですが、グラフィックも手伝って上手く演出しています。
主人公の記憶を中心に伏線を絡めつつ、それらの謎解きをしっかりしながら、驚きの展開が待っているのでなかなかスリリングに仕上がっています。

3.周りのものを武器として使える。

椅子などはもちろん、果てはビリヤードのキューまで使えます。
至近距離でしか使えない、使い捨てという弱点はあるものの、一撃で一人敵を倒してしまうほどの威力を持つため、かなり頼りに出来ます。
もちろんそればかりに頼らせず、時には自分のFPS技術で切り抜けさせるようにバランスが取ってあります。


4.記憶喪失という部分をうまく使った演出・ゲームシステム。

主人公が記憶喪失と言う設定ですが、単に「記憶喪失で記憶を思い出す」だけでなく、記憶を思い出す際はモノトーン調の映像になって、記憶のフラッシュバックシーンに変わります。
ゲームシステム面ではゲームの攻略中に手に入る「重要書類」を見つけることで自分の持っていた特殊能力を取り戻すことが出来たりと、「記憶喪失」設定をうまく使っています。

5.ゲーム中見られるユーザーへの配慮。

たとえば、特定のステージで敵が近いと主人公の持つ「第六感」が発動して近くの敵の様子がポップアップで表示されたり、キャラクター類はデフォルメがされていて、背景との区別がつきやすかったり、倒した際には赤く「NOOOO」などの擬音が出るため遠くからでも倒したことがわかりやすいなど、ユーザーへの配慮が見られます。
それでいて、ゲームの難易度を落としていると感じることも、邪魔な手助けだと感じることも全くないので、さすがと感心するほかありません。

6.変化に富んだステージ。

ロケーションは冬山や秘密基地など様々に変化し、時には手当たり次第敵を倒したり、時にはステルス行動で慎重に進まなくてはならなかったり、いきなり敵襲に対処したりと変化に富んでいます。
更にボス戦もあり、その出現タイミングも良く出来ています。


Here is PROBLEM.

1.表現がワンパターン。

敵を倒したときや爆発などで出てくる擬音の数が少ない、ポップアップを使うのもほとんどは敵が出てきたときだけと言った理由から表現がワンパターンになってしまっています。

2.失敗=即死の場面が多め。

フックと言うアイテムを序盤で手に入れて、以降様々な場面でそれを使って色々な場所へ飛び移るアクションがあるのですが、ほとんどの場合失敗すると即死です。私はそれほど苦にならなかったのですが、家庭用ゲーム機向けにも売っているということを考えると、多すぎるのではないでしょうか・・・・

3.ステルスミッションの完成度の低さ。

見つかった敵を倒すことでステルス維持が簡単に出来てしまったり、敵の数も倒せば何とかなる人数しかいなかったりして、ちょっと完成度に問題ありです。更には敵がプレーヤーを発見したら周りに知らせる前に倒そうとしたりすることも。
まあ、元々アクション向きなバランスなので仕方ないのですが・・・

4.若干目立つバグ(プログラムの欠陥)。

PS2,XBOX版はわかりませんが、PC版では動くはずのキャラが動かないためゲーム進行が止まってしまったり、突然フリーズ(PCが反応しなくなること)したり、ちょっとバグが目立ちます。
最新のパッチ(プログラムの欠陥を直すプログラム)を適用してもあまり変化がなかったと言うのも問題です。
もしかしたら、私のPCとの相性が悪いのかもしれませんが。


総評:結構な長編FPSになっていますが、ストーリー、ゲーム部分などが良く出来ていて最後まで楽しめました。出荷数が少ないので今では中古で手に入れるしかありませんが、FPSゲーマーの方々はやってみて損はないと思います。

PS2、XBOX版は見た目の奇抜さと難易度からあまり評判がよくなかったようですが、同じ内容のPC版をプレーした限りでは、
「日本人受けはしないだろうけど、あそこまで酷評されるほどか?」と言うのが正直な感想ですね。

PCGameReview No.4:Deus Ex(デウス・エクス)

久々のPCゲームレビューですが、今回は私的ベストゲームのレビューです^^


GAME NAME(ゲーム名):Deus Ex(デウス・エクス)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC(パソコン)
GENRE(ゲームジャンル):FPRPG(ファースト・パーソン・ロール・プレイング・ゲーム)
DEVELOPER(開発元):Ion Storm(イオン・ストーム)
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):アイドス・インタラクティブ

Note:
Ion Storm、アイドス・インタラクティブ共にすでに閉鎖しています。


GOOD!

1.非常に高い自由度。

この自由度こそが特徴です。
たとえば、開かないドアがあっても、いちいち鍵を探さないでピッキングツールを使って開けても良いし、爆弾でドアを破壊するのもよし。
戦闘面でも敵を次々倒すもよし、ステルス行動を獲るのも良し。
主人公をステルス行動に強いキャラにするか、重火器を軽々と扱い敵を一気になぎ払う人間兵器にするか、実際にはもっと自由に育てることが出来ます。
更にはATMをハッキングしてお金を手に入れるも良し、味方を攻撃して武器を奪うも良しと非常に高い自由度を持っています。

2.ストーリー。

対テロリスト組織のエージェントとして実戦に送り込まれた新人エージェントが戦いの中で巨大な陰謀を知り、そこへ迫っていくと言うものですが、非常に面白いものがあります。テンプル騎士団、エリア51、イルミナティなどその手の話が好きな人にはたまらないです。

3.豊富な武器。

ピストル、アサルトライフルなどの武器はもちろん、ロックオンできるロケットランチャーやプラズマ武器などの未来系武器があります。
もちろん、催涙ガスグレネード、麻酔矢を撃てる小型クロスボウなどの非殺傷武器もあります。

4.成長システム。

このゲームはRPG的要素もあるので、成長システムもあります。スキルとオーグメンテーション、そして武器モッド(武器に改良を加えるツールのようなもの)の三つがそうです。
スキルは重火器などの武器扱いスキル、ハッキング、ピッキングなどがあります。経験値に当たる「スキルポイント」を指定数消費することでスキルレベルを上げることが出来ます。このスキルポイントは戦闘による入手はできなくて、与えられた任務をクリアしていくことで得られます。
オーグメンテーションはエネルギーを消費して、強力な力を得ることが出来、アップグレードアイテムにより能力が強化できます。防弾シールドや光学迷彩、能力を一時的に一段階上げる機能などもあります。
これらの要素により自分なりのキャラクターをプレーしながら作っていくことが出来ます。
武器モッドは武器に適用することで少しずつ武器の性能を改良していきます。


Here is PROBLEM.

1.グラフィック。

2000年発売のものですから仕方ないですが、グラフィックは古いです。
建物類はそれほど悪くないのですが、人間類のグラフィックがプラスティック人形みたいな感じです。ただ、有志の方々によるグラフィックを強化するプロジェクトも立ち上がっていて、それを導入するとある程度改善されます。

2.ある程度考えないと中途半端なキャラに育ってしまう可能性。

個人的にかなりまずいなと思った点です。
初回プレーでは、どれくらいのスキルポイントやどんなオーグ類があるかなどわからないことが多く、
「とりあえず、もらったスキルポイントとかオーグは適当に割り振ったり、インストールすればいいか」と言う考えだと、中途半端なキャラクターになってしまう可能性が高いです。
なるべくどんなキャラにしたいかイメージを持ってプレーしたほうがいいように思います。

3.序盤の難易度。

序盤はキャラがあまり強くないので、ステルス行動を強要されます。そのため、普通のゲームのように終盤に近づくほど難しくなるのではなく序盤から結構難易度が高いです。
そのため、アクションが得意でもステルスが苦手だとかなり難しいです。中盤からは結構強くなってきて、正面きって戦闘が出来るようになるのですが、その前に投げ出してしまうプレーヤーもいると思われます。

4.英語の問題。

やはりこれが一番の問題かもしれませんね・・・・ゲームプレー自体には英語は自由度のおかげでそれほど関わってこないのですが、ストーリーはかなり英語がわからないとちんぷんかんぷんです。
以前は日本語版も出ていたのですが、発売元がなくなってしまったし、オークションでも見かけることがないです。


総評:かなり前のゲームですが、非常に面白いです。日本語版が絶版状態なのが実に惜しいです。個人的に以前レビューしたハーフライフ同様ゲーマーを名乗るならこれもプレーするべきと言っても過言ではない傑作だと思っています。

Game Review No.5:メタルギアソリッド:ポータブルオプス

ついにPSP待望のソフトが出た、といっても過言ではない(むしろ足りないくらい)、PSP最高傑作となるゲームでしょう。

GAME NAME(ゲーム名):メタルギアソリッド:ポータブルオプス
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル
GENRE(ゲームジャンル):タクティカル・エスピオナージ・アクション
DEVELOPER(開発元):小島プロダクション
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):コナミ

GOOD!

1.仲間集めの要素。

メタルギアと言えば単独潜入が普通でしたが、今回は敵兵を気絶させてトラックまで運んでくることで仲間にすることが出来ます。
仲間にはスキルやキャリア(兵士になる前に経験した仕事)などの概念があります。
そしてその仲間を実際に潜入するチーム、各ステージの情報を集める諜報チーム、医療チームなどに配属していき、自分なりの部隊を結成していくのが非常に奥深く面白い要素になっています。
条件を満たせば、新キャラクター、MGS3のキャラクターも仲間にすることが出来ます。

2.ストーリー。

いきなり絶海の孤島に放り込まれた所から始まって、エンディングまでかなり面白かったです。敵の人間性も上手く表現されていますし、どんでん返しもなかなかのものです。

3.知的且つ優秀なA.I。

MGSシリーズは初めてでしたが、A.Iが優秀なことに今更驚かされてしまいました(汗)異変に気づいたときのゆっくりと近づいてきてプレーヤーの緊張感を煽ったり、戦闘時は複雑な動きで惑わせたり、ホールドアップ時の反応などもしっかりしています。
警戒を解くタイミングも「フェイズ」によって上手く出来ていますし、
更に難易度に合わせて、A.Iの視界調整も成されていて、素晴らしいです。

4.様々なサブミッション。

今回はメインミッションのほかに諜報ユニットの報告による「サブミッション」があります。武器奪取や捕虜救出など様々なものがあり、すぐにクリアできるものが多いので、ちょっとした合間に出来るのも良いです。


5.非常に面白いマルチプレー。
自分の編成した部隊で友人やネット上の人と対戦することが出来ます。
デスマッチやおなじみのケロタンを奪い合うキャプチャーミッションなどがあります。
自分の部隊が無くても、フリー対戦MGS:POを持っていない人ともゲームシェアリングでフリー対戦が出来たりと非常に柔軟なつくりになっています。
更に自分の部隊をネット上に送り出し、戦わせる「サイバーバル」などのシステムもあり、PSPをネットゲーム機に変身させる、力の入ったものになっています。

Here is PROBLEM.

1.部隊の最大人数が100人まで。

ちょっとこれには困ってしまいました。(UMDの容量上仕方ないとしても)個人的には150人くらいがよかったです・・・・
たとえば、ある場所に出撃したとします。このときの部隊の人間の数が99人として、出撃場所で2人捕まえたとします。
ミッションから帰ってくると部隊の人間の数が101人になってしまうので捕まえた2人のうち、どちらかを除隊させなくてはならなくなるので、どちらとも除隊させたくないとすると非常に困ってしまいます。

確かに部隊運営と言う点からでは、100人と言う制限は仲間全員に目が行き届くので良いことですが、いざ100人をこえたときにやはり能力の足らない兵士を除隊させてしまうと言うことが多くなるのでちょっと嫌な気分になってしまうこともあります。

2.アイテム・武器の持てる数。

今回はもてるアイテム・武器類が合わせて4つしかありません。
自分の持っているアイテムをトラックに送れる「配達員」のキャリアを持った兵士などは都合に合わせてトラックにアイテムを送って何とかできるのですが、それ以外の兵士は大変です。
それの対応のために4人1チームで潜入チームを編成して、操作キャラを変更できるようになっているのですが、仲間兵士が落としたアイテム類はかなり速く消えてしまうのでそれが間に合わないこともしばしばあります。

3.無線LAN環境が整っていないマルチプレーの面白さが半減。

PSPの「インフラストラクチャー」モードを使っての対戦も今回は出来るのですが、どうしても無線LANのアクセスポイントなどが自宅にないと面白さが半減してしまいます。
もちろん、親しい友人同士での対戦も非常に楽しいのですし、
無線LANのアクセスポイントは安く買えますが、設定が初心者の方には面倒なのと、やはりネット対戦が出来るゲームは「顔も知らない人と対戦できる楽しみ」があるので・・・・・

総評:ほとんどMGSシリーズには触れなかった私ですが、非常に楽しめました。シングルプレーも充実していますし、対戦もインフラストラクチャーではちょっと問題があるものの、親しい友人同士で遊んでも非常に面白いです。
これがPSPで初めて出したMGSとは思えない完成度の高さ、さすがに小島監督。恐れ入ります。

Game Review No.4:グリップシフト


メーカーがメジャー(洋ゲー界では)なのにマイナータイトルで終わってしまった悲しきレースゲーム・・・・・グリップシフトに光あれ(ぇ

GAME NAME(ゲーム名):グリップシフト(GripShift)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル
GENRE(ゲームジャンル):曲芸レースアクション
DEVELOPER(開発元):SidheInteractive(シドヒー・インタラクティブ)
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):ユービーアイ・ソフト


GOOD!

1.独創的なコースの数々。

ほかのレースゲームではおおよそ考えられないようなコースが続々と出てきます。
たとえば、点々と浮く浮島をジャンプやブースターを駆使してゴールを目指すコース、ジャンプパッドとワープゾーンを駆使しゴールを探し出すパズル的コースなどが出てきます。
アイテムを駆使して、少ない制限時間を延ばしながらゴールを目指すなどのレースゲームならではのコースもあります。
更に道端に象がいるびっくり要素や、
浮島に雪だるまやら恐竜やらいたりと、人が見ないようなところまで作りこんであります。

2.微妙な操作技術を育てる楽しさ。

このゲームで最初に驚いたことが「どのコースにもガードレールがない」と言うことです。普通なら考えられないことですが、これの要素があるおかげで微妙な操作技術を自然と身についていくので、
最初は上手くいかないコースもやるほどうまくなっていけるので、見た目の独創さだけでなくレースゲームとしても面白さを付け加えています。

3.面白いボーナスゲーム。

このゲームではコースなどをクリアすると「クレジット」と言うものが手に入り、一定以上たまると自動的に様々な要素が出てきます。(新しいキャラクターや車)ボーナスゲームもそうして遊べるようになりますが、良く出来ています。たとえば、ピンに見立てたペンギンに向かって車で突撃する「ペンギンボーリング」。奥が深く操作技術だけでなくどのあたりに突撃するかなどの戦略性もあります。そのほかのゲームもおまけとは思えないくらいの出来で遊んでいて飽きません。

4.コースを自分で作ることが出来る。

このゲームでは「コースエディター」と言うものが付いていて、自分で新しいコースを作ったり、それをグリップシフトを持っている友人に譲ったり交換することも出来ます。
海外のPCゲームではこういったエディターが付いているのは普通なのですが、そういったものは扱いが難しいことが多いです。
しかし、このエディターは扱いも簡単で直感的にコースを作ることが出来ます。
こういったエディターをゲーム内に搭載して、クリアしても自分でコースを作って遊べる、と言うのは家庭用ゲームではなかったので素晴らしい試みと言えます。

5.美しいグラフィック。

浮島にあるオブジェクトや障害物も結構細かく出来ていて綺麗ですし、
急に曲がったときのタイヤ跡も残ったり、車の光の処理も良く出来ており、レンズフレア(太陽の光)効果もあり、携帯機でここまで出来るようになったんだと改めて思えるグラフィックです。

Here is PROBLEM.

1.制限時間の問題。

各コースには制限時間が設定されていて、時間が切れる前にゴールしなくてはいけないのですが、その制限時間が問題になることがあります。
慎重に進むことが要求されるコースほど制限時間が足りなかったり、長いコースでアイテムを使って制限時間を延ばしながらゴールを目指すコースもありますが、そのアイテムを取るのが難しく制限時間が足りなくなることも多いです。

2.邪魔なオブジェクトの問題。

コースには様々なオブジェクトがありますが、それがゴールまで邪魔していたり、変なところにワープポイントがあって避け切れなくて変なところに飛ばされたり、車を潰すクラッシャーなどがあったりして、コースによってはクリアするまでに非常にいらつく場合もあります。

3.あまり面白くない「普通のレース」。

一台でゴールを目指すコースがほとんどですが、たまにプレーヤーも含めた4台の普通のレースもあります。
そのコースが特にひねりも無くアイテムで邪魔しあうだけのレースでほかのコースに比べると面白さが半減してしまっています。
どうせなら徹底的にひねりを加えたほうが良かったように思います。

4.優秀な成績を出すのが難しい。

これは全体的な問題なのですが、ゴール時に手に入るメダルで「金メダル」を取るのが難しくなっています。当たり前と言えばそれまでですが、(コースよりも)無茶苦茶なショートカットを使わないと金メダルを取れないタイム設定のコースが多いです。



総評:レースゲームとしてはかなり異端なものですがレースゲーム初心者の私でも結構楽しめました。
「トム・クランシーシリーズ」で硬派なゲームが多かったユービーアイソフトがこうしたゲームを出したのには驚きましたが、それでもここまで楽しませてくれたので、凄いと思います。
「変わったゲームがやってみたい」、「普通のレースゲームに飽きた」というなら、このゲームを探してみてはいかがでしょうか?

PC Game Review No.3 Soldier Of Fortune II(ソルジャー・オブ・フォーチュン2)





久々の更新は、SOF2、君に決めた!(殴

とまあ・・・・冗談はさておき。

GAME NAME(ゲーム名):Soldier Of Fortune II -Double Helix-(ソルジャー・オブ・フォーチュン2 -ダブルヘリックス-)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC(パソコン)
GENRE(ゲームジャンル):FPS(ファースト・パーソン・シューター)
DEVELOPER(開発元):Raven Software(レイヴン・ソフトウェア)
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):サイバーフロント

Note:
1.サイバーフロントから公開されたパッチ(プログラム)を適用すれば日本語版にすることも可能です。
また、パッチを使わなくてもある設定を変えれば日本語化できます。
(コメントに教えてほしい旨を書いていただければ答えさせていただきます。)

2.海外ではXBOX版も出ていますが、日本では日本語版も発売されず、入手困難なため表記していません。

GOOD!

1.迫力ある銃撃戦。

武器類の音の迫力や、弾が当たった材質により音が変わったり、敵のリアクションなども手伝って、戦闘一つ取っても非常に迫力のある銃撃戦になっています。

2.しっかりと描かれた繊細なグラフィック。

2002年のゲームで最先端の技術を使ったグラフィックではありませんが、人間・武器のモデルやテクスチャなどがしっかりと細部まで描かれていて、今見てもかなりレベルの高いグラフィックと言えるでしょう。
(もちろん、最高レベルのグラフィックを楽しむにはそれなりのPCが
必要になりますが)

3.豊富なミッション。

武器を持って敵を撃つだけでなく、護衛をしたり、車載マシンガンを使って敵の襲撃を迎え撃つミッションや、ステルスミッションなどもあり、ロケーションは少なめですが、飽きさせない工夫がされています。

4.レベルの高い敵A.I。

ここ最近プレーしたゲームでは非常に良く出来たA.Iですね。
仲間と協力して攻撃してくる、隠蔽物から体半分出してしっかりと撃ってくる、グレネードを投げたり、こっちが投げたグレネードを投げ返しす、武器を撃ち落されると近くの武器を拾うなど、戦い甲斐のある敵になっています。

5.異常とも思えるが、メッセージ性を感じさせる残虐性。

FPSではかなりの残酷表現で、体の各部が吹き飛ぶ、痛がる、苦悶しながら倒れるなど、実際に見ると異常とも思えるレベルですが、あえてここまでリアルにしたのは「銃を軽々しく扱うな」と言うメッセージを込めたのだと思います。
やはり、元特殊部隊の方の監修などがあったのも影響しているのかもしれません。

Here is Problem.

1.高い難易度。

これも最近プレーした中ではかなりの高さでしたね・・・・・
一番易しい「アマチュア」でも後半はかなり難しくなっています。
理由としては、
・「アーマーや体力に受けるダメージが大きめ」
・「ダメージ設定が大きめな割に回復アイテム類が少ない」
・「武器のブレや命中率の減衰が大きく、敵に攻撃を連続して当てるのが難しい」
・「後半はアーマーを貫通してダメージを与える武器を敵が持つようになる」
などが挙げられます。
ルート探しでも案外詰まってしまうところが多めです。

2.後半の冗長なステージ構成。

序盤や中盤までのステージ構成は冗長な感じは受けないのですが、後半は同じようなステージがずっと続くので「いつまで続くの?」と言いたくなるほど、長く面白さが削がれています。

3.あまり面白くない「ランダムミッションジェネレータ」のミッション。

このゲームには、シングルプレー終了後も楽しめるように、ミッション内容、ロケーションなどを選ぶとミッションを自動生成する機能「ランダム・ミッションジェネレータ(RMG)」が付いているのですが、これで生成されたミッションは楽しめるのは最初の数回で、同じようなミッションやロケーションが多く、大して面白く無かったですね・・・・・
最新パッチを適用するとマルチプレーでは使えるようですが。

4.やはり異常と言わざるを得ない残虐性。

私はメッセージ性があるのだろうとは思うのですが、多くの方は「そうだとしたってやばいだろ・・・・・」と思うくらいの残虐性ですね・・・・もちろん、オプションでオフにすることも可能ですが、それを差し引いても異常と言わざるを得ないでしょう。

総評:今までのFPSの中ではかなりやりがいのあるゲームでした。
ただ、終始物陰に隠れて敵との距離を詰めながら戦うばかりなので、もう少しランボーばりに暴れられるステージがあったらと思いました。
でも、戦闘の壮絶さを表現したという点では非常に高いレベルです。


| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。