プロフィール

J.C.D

Author:J.C.D
昔から変わり者、と言われたゲーム好きの高校生です(笑)自分の手元にあるゲームを私的偏見でレビューすることが趣味ですので、「いいんでないの?」なんていわれるようなレビューが書けるかどうか・・・怪しいもんだ(笑)
そのうち、PSPゲームのほかに、PC洋ゲーのレビューもこっちに書いていこうかと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCGame Review No.2 Tom Clancy's Splinter Cell(トム・クランシーズ:スプリンターセル)





PCゲームレビュー第二弾・・・・・・
今回はあの「レッド・オクトーバーを追え」「トータルフィアーズ」などの原作を書いた、
テクノスリラー作家「トム・クランシー」氏が監修に携わった、2004年を舞台に展開する世界情勢の「If」を描いたスニーキングアクション!

GAMENAME(ゲーム名):Tom Clancy's Splinter Cell(トム・クランシーズ:スプリンターセル)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC(パソコン),XBOX,PlayStation2
GENRE(ゲームジャンル):スニーキングアクション
DEVELOPER/SALES AGENCY(開発・販売元):ユービーアイソフト

このゲーム、元はXBOXのゲームで、PC版が発売、その後PS2版が発売されると言う過程があります。(XBOX、PS2では「トム・クランシーシリーズ:スプリンターセル」と言う名前で発売中)今回はPC版のレビューとなります。


GOOD!

1.非常に美しいグラフィック。

かなり綺麗です。派手ではありませんが、光と影のコントラストが非常に美しくできています。影へのこだわりが特に強く、
影がキャラクターの動きにあわせて動くのはもちろん、
ほかの物体の影がキャラクターにかぶったり、
持ち上げた敵に主人公の手の影が映ったり、
多くのゲームが妥協してきた影の表現を非常に高次元のレベルで手抜きなく行っていると言えるでしょう。
2002年のゲームですが、今もっても高いレベルと言えます。

2.派手ではないがリアリティを感じさせるストーリー。

小国でのテロを始まりに起こる壮絶なストーリーは誇張や派手さはありませんが、「もしかしたら、起こりえたかも知れないし、次の日にはニュースになっているかもしれない」と言うリアリティを持っています。
やはり、プロの小説作家が手がけたストーリーは違うな、と感じさせられます。

3.渋く格好よく描かれている主人公サム。

イケメン、と言うわけではありませんが、
常に冷静でどんな状況にも屈しない、それでいて一人娘の父としてどことない優しさを持っていると言う雰囲気で非常に格好良いです。
「ここまで自分が生きてこられたのは自分の能力もあるが、運が味方したのもある」
「自分も人間である以上は、間違うこともあるだろうし、命が惜しい」
「年も重ね、名誉への興味もない」
という風に考えるところにもサムの格好よさがにじみ出ています。

4.簡単な操作でできる多彩なアクション。

ほとんどのアクションが「インタラクトキー」「ジャンプキー」「移動キー」だけで可能です。
たとえば、人に銃を突きつけ掴みかかるアクション。これも人の後ろにこっそり移動し、インタラクトキーを押すだけで、出来てしまいますし、壁と壁の間に足をかけて滞空状態になる「スプリットジャンプ」も、方向キー、ジャンプキーで簡単に出来てしまいます。
そのほかにも「ロープを使って降りる」「電線などを伝っての移動」「梁(はり)に掴まっての移動」など、一つ一つの動作が滑らかで光っています。

5.ところどころにあるサムのかっこよさの演出。

ステルスと言うと、「ひたすらこそこそ」と言うイメージがありますが、どころどころで面白い演出があります。
たとえば、敵の無線を傍受して、それと同時に敵兵が自分のいるところへ複数やってきたり、突然爆発が起きたり、
敵がうようよとやってきたり、侵入を気づかれて、味方を守るために戦ったり、それを闇に隠れやりすごしたり、スマートに排除したりと言ったことをプレーヤーの手で行うことが出来ます。
それでいて、落ち着いた演出であるところも評価したいです。

6.ステルス良し、戦闘良しの自由度。

ステルスが基本で、ゲームも一本道ですが、高性能武器・ガジェットを持っているし、回復アイテムも持ち運べるので、ある程度の戦闘も許容されます。
このバランスが良く出来ています。
たとえば、
ある場所で敵が1人いたら、その辺の物を投げておびき寄せた上で、そのまま闇に隠れて、進んでいくのも、(近づいたり、ガジェットで)気絶させるのも、場合によっては、射殺してしまうのも許容されます。
ゲーム上、殺傷禁止、ステルス強要、強制戦闘もありますが、大体は敵に対しての対応が自由です。

7.迷いにくいマップデザイン。

マップをあちこち歩き回る、と言う遊びがほとんどない代わりにやるべきことが定まっていて、マップはかなり広いですが、ほとんど迷うことなく進むことが出来ます。


8.高性能で使いやすい武器・ガジェット類

武器は2種類ですが、ピストルは音が小さく、灯り壊しにぴったりで、
ライフルは、狙撃・戦闘に使え、様々なガジェットを発射することが出来ます。
ガジェットも光ケーブルカメラ、スパイカメラ、催涙ガス弾など、敵の状況を調査したり、敵を殺さず、静かに排除するもので、「スパイが使いそうな」範囲に収まった装備と言えます。

9.良い反応をするA.I。

ステルスゲームのA.Iの中では結構良い出来だと思います。
このゲームではどれほど敵に見えていないかを「ステルスメーター」によって確認できます。敵もそれに合わせて、サムが暗闇にいれば、
派手に動かなければ、気づかれませんし、明るいところにいれば、怪しんだり、仲間を読んだりします。
電気がついていた部屋の電気を消したり、電灯を壊したりすると
怪しんだりもします。
それ以外にも、暗闇から敵を攻撃すると、「誰か撃って来た!」と叫んで、その辺りに向かって乱射したりします。
良くある「見つかると正確に攻撃してくる」と言うパターンではないので、命中率も高くはないです。
しばらくするとその辺りを慎重に探し始めたり、警報を鳴らしたりします。
一般人は、「助けて!」と言って、逃げ回ったり、頭を抱えて怖がったり、自然な反応を見せてくれます。

Here is PROBLEM.

1.ステルスゲームとしてはかなりの難易度。

皆さん、周知のことかとは思いますが・・・・やはり難易度が高いです。難易度ノーマルでも、見つかってもなんとかなる、なんて考えで進むのは無謀と言うものです。
まず、ダメージが大きく、数発撃たれただけで、サムは力尽きてしまいます。回復アイテムもそれほど手に入りません。
武器も、装備すると動きが遅くなり、動かないでいると照準が定まるタイプなので、照準が定まる間は無防備、定まっても命中率が良くありません。
戦闘もある程度許容されるものの、ピストルしかない序盤では自殺行為、中盤も敵がマシンガンを持ち始めるので、戦闘になったときは、ある程度の技術、運が必要になります。
以上の点から、難易度はかなり高いです。

2.わかりにくい潜入ルート。

マップデザイン自体はよく出来ていて、迷うことは少ないですが、
潜入ルートのほうで迷うことが多かったですね・・・・・
迷う、と言うよりある程度自分で考える必要があります。
潜入方法は一個ではないですが、無用な戦闘をするはめになることが多いです。

3.日本語訳が若干問題。

こりゃひどいと言うほどのものはありませんが、個人的に違和感があります。
ストーリー部分、立ち話は何の問題もないのですが、
サムを探していたり、発見したときの台詞の訳が硬いです。
意味は通っていますが、もう少し柔らかくても良いと思いました。
「完全日本語版」と言っているにもかかわらず「日本語字幕」だったりします。
XBOX版だけ、日本語吹き替えになっています。
もう、Ubiのうそつき(気持ち悪っ

4.アクションをあまり活かせていないマップデザイン。

結構アクション自体は豊富なのに、その豊富なアクションをあまり活かせていません。
たとえば、梁に掴まって、敵の目から逃れたりするシーンがほとんどなかったりします。梁に掴まって、敵をまくのがスリルがあって面白いのに、それがほとんど出来ませんでした。
さらにサムの柔軟性を表した「スプリットジャンプ」もほとんど出来る場所がなかったり。
使えるアクションが多くても・・・・
それを活かせるマップデザインが出来ていないのは残念。



総評:ステルスゲームとしては、A.Iもなかなかで、ストーリーも面白かったですし、結構戦闘が多くて、面白かったです。(特に最後の戦闘はかなり面白かったです)
サムをすごい自由に動かせたのも大きかったと思います。
やりがいがあったので、お勧めしたい逸品です。



PCゲームレビューNo.1:Half-Life(ハーフライフ)





さて・・・・やっとPCゲームレビューも書き始めました。

最初に。
PCゲーム=エロゲーだと思っている方も多いとは思いますが、それは違います。
世界へ目を広げると世界は広いと実感できます。
アメリカ、ロシア、クロアチア、上げたらきりのないくらいの国が
がんばって面白いゲームを作っているのです。
この際、PCゲーム=エロゲーの概念は捨て去りましょう。
そう、世界は広いんです!
さーて、説教じみたことは終わりにして、レビューを始めましょう
(冷たっ)

GAMENAME(ゲーム名):Half-Life(ハーフライフ)
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):PC(パソコン)
GENRE(ゲームジャンル):サバイバルFPS(ファースト・パーソン・シューター)
DEVELOPER(開発元):Valve Software(バルブ・ソフトウェア)
SALES AGENCY IN JAPAN(日本発売元):サイバーフロント

GOOD!

1.演出。

一つ一つの演出は細かいですが、良く出来ています。
たとえば、お金を入れたのに自販機が壊れて、ジュースが出てこなくて、自販機を叩くキャラがいたり、歩いていた床が崩れたと思ったら、モンスターも落ちてきて、襲い掛かってきたり、
面白い演出、怖い演出、様々です。

2.良く出来た「サバイバルしている感覚」。

主人公は防護スーツを着ただけの一般人と言う設定で、
事故の中を生き延びていくと言うコンセプトもさることながら、
実際に撃たれ強くもなく、高いところから落ちたら、大ダメージか即死、水中では長く息が続きません。
どこにでも死の危険がある中での戦いの描き方が非常に良く出来ています。
助けてくれる人間もいますが、結局は自分の身を守るのが精一杯と言う厳しい現実を突きつける描写も素晴らしいです。

3.ストーリー。

ただエイリアンを倒すと言うストーリーではなく、そこに証拠隠滅のために特殊部隊を送り込んできたり、なぜ、エイリアンの世界と繋がったのか、謎の男が現れたりと、なかなか面白く出来ています。
それが良い感じのスピードで楽しめます。

4.なかなか面白い謎解き。

良いアクセントになっています。
ゲームの謎解きというのは、単純だったり、ゲーム的で難しかったりすることがあります。
しかし、HLではどの謎解きも、現実的な方法で、クリアできるので、
詰まってしまうということはほとんどありません。
たとえば、何かをするのに電気が必要ならば、電源を探し、起動させるなど、現実的に考えることでゲームを進められるので、
単純でもなく、妙に複雑でもない、この難易度バランスが非常によくできています。

6.初心者でも安心の難易度設計。

HLは難しいと言われていますが、難易度を「Easy」にすれば、初心者の方でも楽しめるようになります。
私もFPSを始めた初期にこのゲームに出会いましたが、Easyでならそれほど苦戦することなく楽しむことができました。
初心者から往年のプレーヤーをも楽しませる、絶妙なバランスはすばらしいです。

7.豊富且つ個性的な武器。

武器も普通のピストル、マシンガンから、果てはレーザー兵器、
エイリアンの武器まで出てきます。もてる弾薬数も多いようで少ない、絶妙な数です。

8.複雑な設定の必要がない点。

これも評価すべき点です。最近のPCゲームは複雑なグラフィック設定をほとんどの場合、自分で行わなくてはなりませんが、このゲームでは、そのような複雑な設定をすべてゲーム側でしてくれているので、
プレーヤーは画面の明るさや色合い、解像度などを自分の好みに合わせるだけで遊べてしまいます。

9.トップレベルの効果音。

いまだにこのレベルの効果音は別のゲームでは聴いたことがありません。
歩く床の材質により音が違うのはもちろん、入った部屋によっては、反響がしたり、屋外などで音を出すとこだましたり、と非常にレベルの高い効果音です。

10.非常に知能的なA.I。

HLを語る上で必須で、1998年のA.Iとは思えません。
味方は何人か集まると、自発的に話し合いを始めたり、
冗談を言ったり、
エイリアンも自分がピンチになると逃げ出したり、敵兵士は、チームで行動し、攻撃担当、援護担当などの役割分担もしっかりしており、こちらが逃げると手榴弾を投げてきたり、プレーヤーが手榴弾を投げると逃げたり、接近すると格闘攻撃をしてきたり、
戦略も固定的ではなく、柔軟であり、非常にすばらしくも恐ろしいA.Iといえます。

11.無数にあるMOD類。

海外のPCゲームでは、ゲームの一部を改造し新しいゲームを作るという行為が一般的で、メーカーもツールを出すなど、歓迎された感じすらあります。作り出されたゲームをMODと言います。
特にHLではMODが多数作られ、質の高いものも多く存在します。
HLに日本語字幕を出すMOD、ユーザーの人気が非常に高く、商品化までされた「カウンターストライク」、「デイ・オブ・デフィート」などもあり、
ゲームをクリアしても、たっぷり楽しむことができます。



Here is PROBLEM.

1.即死する可能性が多い。

何回も遊んでいますが、結構ありますね。
たとえば序盤。倒れてきた機材の間にはさまれてあっけなく即死。
宙吊りの箱を飛び越えると言う恐怖のジャンプアクションがあったり、
まさに死の危険がどこにでもあると言う状況です。
確かにサバイバルがテーマなので、個人的にこれくらい多くても良いですが、FPSを始めたばかりの方では、苦戦を強いられると思います。

2.最後の異世界の難易度の異常なまでの高さ。

最後は異世界に行きますが、そこの難易度が尋常じゃありません。
あまり言うとネタばれになってしまうので言えませんが、本当にエイリアン勢ぞろいで、非常に苦戦します。この世界ではあるものを見つけるのが重要ですが、あれだけのエイリアンに襲われては、そのあるものを見つける余裕すらありません。
最後は心して戦ってください。

3.オンライン認証システム「スチーム」の問題点。

最近になって、開発元「バルブ」より、オンラインでHLのシリアルキーを認証して、HLやその他のMODでの通信対戦をできるようにする、「スチーム」が作られましたが、日本語対応とは言え、面倒です。
通信対戦をするのに、いちいちスチームを動かさなくてはいけないので、シングルプレーだけすると言うのなら、CDからインストールしたHLで遊べるので、スチームがなくてもできますが、通信対戦重視の方には面倒と感じるシステムではあります。
(とはいっても、われわれユーザーの一部が不法コピーなどをするせいで仕方なくこれに頼ることになったので、バルブに文句をいえる立場ではありませんが)

4.若干のバグ。

スチーム版ではかなり改善されていますが、CDからインストールした初期のHLでは、案外バグ(プログラムの問題)が多いですね・・・・・
遭遇したのは「しゃがんだら床に挟まって動けなくなった」、「デスクトップを16ビットカラーにしてプレーしてくださいと表示された」
などです。
と言っても、ゲームが進められないなど致命的バグはありませんでした。
5.あまり面白くない、HLの通信対戦。

MODでは通信対戦が非常に面白いものが充実していますが、
HLの通信対戦モードは一昔前の周り全部敵で、ひたすら倒すだけなので、それほど盛り上がっていません。
シングルが面白く、マルチも面白いゲームはやはり難しいと言うことでしょうか・・・・

全体評価:

何回もクリアしていますが、非常に面白いです。
FPSでは難しい部類に入っていますが、基礎操作を習得できるトレーニングモードもあり、難易度も選べるので、イージー、ノーマルで腕を磨いて、ぜひ、ハードをプレーしてください。HLの生か死かの極限の戦いを体験してください。
長くなってしまいましたが、数多くのゲーマーの皆さん、これを遊んでこそ、ゲーマーです。箱に「これをプレーせずしてゲーマーを語れない」と書いてあったのは伊達じゃありませんよ。


書くぞー!と言ったものの

今さっき、MGA2のレビューを書き終わったばかりでまた次のレビューどうしようか悩んどります^^;

でも、PCゲーム、と言うと大体の方がエロゲー想像される世の中・・・
哀しい;;
PCゲームは、アメリカ、ロシア、その他多くの国がいろんなゲームを作っていますよ~
元はPCゲームで、PS2、XBOXなどに移植されたものだってあります。
少しでも、PCゲームへの偏見をなくして、楽しもうと思う方を増やせていけたらな・・・とは思うのですが、現実そう簡単にうまくいくわけもありませんね。。。。。

                         か 
                         な
                         し
                      も  い
                      っ  よ
                  目   と
                  を   世
                  向   界
                  け   に
                  て 
俳句みたいに書いてみました^^;
それでは^^   

Game Review No.3:メタルギアアシッド2

PSPゲームレビュー第3弾!
これが完成したので、次はPCゲームのレビューを作ります!

GAME NAME(ゲーム名):メタルギアアシッド2
CORRESPONDENCE HARDWARE(対応ゲーム機):プレイステーション・ポータブル(PSP)
GENRE(ゲームジャンル):TACTICAL CARD
DEVELOPER/SALES AGENCY(開発・発売元):コナミ
POSSIBLE BOOTUP FIRMWARE(起動可能システムソフトウェアバージョン):OVER 2.0(2.0以上で起動可能)


GOOD!

1.大幅に増えたカード類。

前作が204種類でしたが、今回は増えて増えて、555種類に。
前作では、あまりなかったMGS3のキャラクターカード、アイテムも豊富にそろい、使居所の少なかった(あるいはわからなかった)カードの使いどころが増えたり(わかりやすくなったり)、
弱くて使い物にならなかったカードも強くリニューアルして使えるようになったりと、数が増えただけでなく内容も充実しています。
それと新しく「トラップ」「リンケージ」と言う効果を持つカードも追加されています。

2.改良されたゲームシステム。

チュートリアルにより、カードでの行動、カードの違いなどがわかりやすくなったのはもちろん、前作ではストレスが多かった移動系の改善、
新しいカードの使い勝手のよさなど、正にACID完成形といえるでしょう。

3.カードのアップグレードが出来る。

これも良かったです。使用時のコストが減少したり、効果が強化されたりと、キャラクターカードが全く違うカードになってしまったり、驚きもありました。

4.様々な立体映像の観賞が出来る。

カードによっては、同梱の「SOLID EYE とびだシッド」で楽しめる
映像が付いている事もあり、MGS3の一部の映像を見ることも出来ます。
更に、MGS4の東京ゲームショウ公開版のムービーも見ることが出来ます。

5.通信対戦「リンクバトル」が出来るようになった。

前作ではアメリカ版のみに搭載されていた通信対戦ができるようになりました。通信対戦では使えないカードもあり、ストーリーモードとは一味違った戦略を立てる面白さがあります。

6.MGSシリーズのボスと戦える「アリーナモード」。

これも面白かったです。ランダムで選ばれた2人のボスを相手に戦います。ボスにより、デッキの特性が違い、どれだけ臨機応変なデッキ、戦略が立てられるかが鍵になります。
難易度も4つ用意されていて、初心者から上級者まで楽しめる仕組みになっています。

7.非常にわかりやすくなった説明書。

細かいですが、ここも改善されていました。
前作はいまいちわかりづらい説明書でしたが、今作ではわかりやすくなり、困ったときに役に立つ説明書になっています。
(読まなくてもゲームのチュートリアルでほとんど覚えてしまえるところも◎)

8.やりがいのあるエクストラミッション。

前作と違い、すごいやりがいのあるものになっています。
前作にあった「ステルスクリア」「殲滅クリア」のほかに「スペシャル」があり、様々な難題のミッションをクリアしていくのは面白いです。

9.綺麗になったグラフィック。

アメコミ調のグラフィックで、キャラクターの顔はもちろん、
建物や武器もかなり綺麗になっています。
ゲームのパフォーマンスもかなり安定し、
爆発での急激な速度低下もなくなりましたし、全体的にレベルが向上しています。

Here Is PROBLEM.

1.ストーリー。

前作よりわかりやすくはなったものの・・・・・
なんだか2時間サスペンスのような雰囲気であまり面白いとは思えませんでした。
ネタバレになってしまいますので、これ以上は言えませんが・・・
1ほどのストーリーは期待しないほうが吉です。

2.立体映像のほとんどがグラビアアイドルの映像。

正直呆れました。なぜスペシャルサンクスにグラビア雑誌があるのかと思ったら・・・・・こんなのだったら、プレーヤーが思いつかないようなデッキでスマートに攻略していくムービーとかの方が数倍面白いような気がします。

3.カードのアップグレードの意味の薄さ。

カードを増やすためにアップグレードをやっている感が否めません。
アップグレードしても効果が変わらないカードがあったり、
名前も「(元のカードの名前)+」のものがほとんどで
適当な感じがします。

4.前作よりも簡単になった「Extreme」。

確かに難しいですが、ごり押しさえしてしまえばクリアできるようなレベルになってしまっています・・・・・
前作なんか、正に「エクストリーム」と言うレベルで攻略できなかっただけに・・・・残念です。

5.アリーナモードのボスの種類の少なさ。

かなり少ないです。難易度によって変わるのかと思えば、全く変わらなかったり、同じボスに2度会ったり、もう少し増えなかったものかと・・・思います。

6.難しすぎるエクストラミッション。

スペシャル・・・難しすぎます。・・・・攻略本ありき的な雰囲気すら感じます。これも残念です。

7.アメコミ色の強すぎるグラフィック。

確かに綺麗になりましたが、爆発や、敵を攻撃したときの演出がアメコミ色が強すぎて、ちょっと・・・・・メタルギアにあった硬派な雰囲気は綺麗さっぱり吹き飛んでいると思ってください。

総評:全体的に良い方向へ洗練されています。
グラフィックも良く見れば、「これはSOLIDじゃないACIDだ!」と言う強い主張を感じさせますし、カードの効果とかもちゃんと見直されていて、楽しむことが出来ました。

第94回「自分はここがヘンです」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。
今日のテーマは、「自分はここがヘンです」です。

十人十色、という言葉があるように、人それぞれ個性というものが
ありますよね。色々な人と交わりながら生活していくなかで、
「やや、どうやら自分はここが人と違うみたいだ…?!」と
感じたことって、ありませんか?

今日のトラックバックテーマでは、自分がヘンだと思うところ、
少数派...
第94回「自分はここがヘンです」



なんだかんだで初のTBになりますね・・・・

ヘン・・・・自分のチョイス(選択)が可笑しいと思うことが多いですね。。。。
自分はゲームをよくやりますけど、他人が手を出さないようなゲーム、いわゆる「キワモノ」ゲーに手を出してみたり、メジャーなゲームは買うことは少なかったり、
日常生活で言えば、洋服類。適当に選んで買ったり、着れるのをもらったり、しているうちにおとなしめの色と派手な色の服が混在して、
上着が派手な色、下がおとなしめの色とか変な服構成なのに、それをもろともしない自分がいたり。
後は、暇があれば、壁に張り付いて、スパイみたいに周りの様子見してみたり。(これが一番変だわなw)

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。